FC2ブログ
ガラス工芸作家須藤珠美のブログ

別れも再び

 
 先日昔勤めていた会社の上司の方が他界されました。
 入社した時から色々と教わっていた、お世話になった方でした。
 まだ64才、これからもっと遊んで暮らせたはずですが、、、
 旅立つ時期は決まっていて、自分で決めているといいますが
 残された者はやはり寂しいですね。
 
 それにしてもいつまでも消えない悲しみは、その人に対して何もできなかったという
 思いから湧き上がってくる気がします。
 父に対しても何もしてあげられなかったという思いが消えません。
 親孝行は親の為、ではなく自分のためなんだと思います。
 今は母と一緒に暮らして、親孝行ができるチャンスが与えられているのだと。
 何かと大変なことはありますが、後悔しないよう過ごしたいと思います。


毎度ですが


 毎度のことながら、はや7月も過ぎ去っております。
 いや~異常に早い!半年も過ぎてしまいました。
 去年が天中殺の年だったので、早く過ぎないかな~と思っていたせいか?
 長く感じました。今年はいい運気なのですが、コロナでいまいち動けないしで
 燃焼不足ですね。
 
 話は変わりますが、こちらはお風呂場からの景色です。
 ガラス張りで外がよく見えます。
 それはいいのですが、すなわち外からも丸見え。
 このままでは入れない!と引っ越ししてきた時に、必死で目隠しのシートを張りました。
 それも5年の歳月でボロボロになってきたので張替えです。
 (吉川市に来てから9月で丸5年になります。)

撮影
春の色ぐい吞 3
 
 春の色 ぐい呑
 定番の作品です、今までで一番多く制作していると思います。
 つまり一番人気。
 後からの絵付けではないので、流動感があると思います。
 一点一点微妙に柄が違ってきます。
 もともとは多分小学生の時、ノートの端っこに落書きしていたしだれ桜の絵
 その感じを持ってきた、気がします。

春の色ぐい吞 4

春の色ぐい呑 2

春の色ぐい吞5
 
 あまりちゃんとした写真がなかったので、撮影してみました。
 
 

生き返ったブラスト

 
 工房を持つ、と決めて一番初めに手に入れたのがサンドブラストの機械。
 中古品をオークションで購入してそのまま。。。6年?近く眠っていました。
 コンプレッサーが必要で、動力の電源が必要で、メンテナンスが必要で、、
 コンプレッサーが手に入り、動力電源にも延長コードがあるのを知り、
 メンテナンスをしてくれる会社がわかりました。
 メーカーに頼むとそれだけで結構な金額がかかります。
 ですが砂を購入している会社でメンテをしてくれる、ということでお願いしました。
 いろいろボロボロだったので、パーツの交換をしてめでたく動きました!


ナマズさま


ナマズさまです~
 なんだかいい感じにできたのでは??
 これはガラスの塊で、ソリッドワークといい、吹きとちょっと技術が異なります。
 ほぼほぼ作ったことない、のでこうかな?こうかな??と色々実験。
 ソリッドワークがお得意な方もいらっしゃいますが、私はあまりチャレンジして
 来ませんでした。ガラスの動きが違うので、やはり修行が必要です。
 


 

ご依頼いただきました


 光陰矢のごとし
 6月ですね!
 
 三郷市の電気屋さんからご依頼いただいたカイちゃんです。
 三郷市のキャラクターで、カイツブリという鳥らしいです。
 バックにいる緑のカイちゃんがキャラクター。
 後ろのピンクが第一号。
 手前の緑が第二号。
 普段はこういった感じのは作らないので、あーでもないこーでもない、と
 試行錯誤しつつ完成、結構いい感じにできたのでは??
 何より作っていて楽しい(*≧∪≦) 
 いつもと違う回路を使っているのかもしれません。


驚き~

 
 早くも五月の半ばを過ぎていました、驚き~。
 暑い日が多かったので、バニラが廊下で伸びています。
 空を飛んでいるように見える??のは私だけでしょうか。。



5月です!


5月に入った途端に暑いですね!

 先日ご近所様に作っていただいた火よけ、活躍です。
 ダルマからの熱を防ぐためのものですが、今までつけていなかったので、
 大きな作品を制作するときは火よけに一人、人員を取られる感じでした。
 右側にしか動けないという制限は出ますが、熱い方がしんどい。


にゃごにゃご

 
 運動不足解消のためにキャットタワーを。
 廊下も広いので走り回っていますが、上下運動はできない、壁に飛び蹴りしたりで
 壁がボロになっていくのを阻止するため!
 なんせ砂壁な感じで簡単には修復できない、、
 高さ153cm×85cmと割とコンパクト。
 お手頃価格だったのですが、しっかりとした作りで暴れても平気そうです。



お散歩


日々過ぎて行くのが異常に早い気がします。
 もともと引きこもりの生活なので、普段とあまり変わらない。
 とは言え買い物にもあまり行かない日々なので、近所を散歩しています。
 川沿いを歩いていると、ちょうど日が沈むところ。
 見事でございます。
 風はさわやか、ちょっと寒いくらい。
 今からは夏の暑さが想像できないくらい、最近は夏の作業が本当にしんどい。
 今年から夏場は窯の火を落としてお休みしようかと、、
 イタリア、アメリカは夏は一か月休むようです。
 今もロックダウンで世界中がお休みではあります。


Copyright © 花 宵. all rights reserved.