FC2ブログ
ガラス工芸作家須藤珠美のブログ

コアガラス

 
 今年初?でありましょうか、銀座へ。
 妹の旦那さんの個展を見に行ってまいりました。

 佐藤透 コアガラス展
 ギャラリー田中
 2020年10月日㈯~8日㈭ PM1:00~PM7:00
 
 コアガラスは吹きガラスと技法が違いまして、バーナーワーク、卓上の小さなバーナーで
 作業します。石膏の型にガラスを巻き付けていきます。細かなパーツを付けたりと
 長時間同じ姿勢で作業しなければならないので、根気と集中力が半端なく必要です。
 技法的には一番古く、古代ガラスの出土品はコアガラスになります。

 佐藤さんの作品はとても美しく、妹が嫁に行く前から個展を見に行っておりました。
 コアガラス作家さん自体がその技法の大変さからか、少ないのですが
 佐藤さんの作品の美しさとセンスの良さは一番だと思っています。
 まぁファンなんですね。
 今回は在廊日数が少ないため、妹は上京せず。
 会えないのは残念でしたが、展示会は非常に見ごたえがありました。
 銀座に行かれる際は是非ご高覧ください。
 

IMG_1098.jpg

IMG_1093.jpg

IMG_1102.jpg

 とても美しいですね~
 写真だと大きさがわかりにくいですが、W6cm~8cm くらいかな?
 最大でも10cmは超えないと思います。
 エアーバーナーとしてはそれでもかなり大きなものです。
 炎から出てしまいますので、どうやってこの大きさを作るのかは謎です。

 エアーバーナーは通常、とんぼ玉のような小さなものを作る感じです。
 酸素バーナーになりますと高温1400℃くらいの作業温度で、合体したり、
 かなり大きな作品も作ることができます。
 
 という事でちょっとガラスの違う技法のご紹介でした。
 
 
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 花 宵. all rights reserved.