FC2ブログ
ガラス工芸作家須藤珠美のブログ

別れも再び

 
 先日昔勤めていた会社の上司の方が他界されました。
 入社した時から色々と教わっていた、お世話になった方でした。
 まだ64才、これからもっと遊んで暮らせたはずですが、、、
 旅立つ時期は決まっていて、自分で決めているといいますが
 残された者はやはり寂しいですね。
 
 それにしてもいつまでも消えない悲しみは、その人に対して何もできなかったという
 思いから湧き上がってくる気がします。
 父に対しても何もしてあげられなかったという思いが消えません。
 親孝行は親の為、ではなく自分のためなんだと思います。
 今は母と一緒に暮らして、親孝行ができるチャンスが与えられているのだと。
 何かと大変なことはありますが、後悔しないよう過ごしたいと思います。

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 花 宵. all rights reserved.